横浜のキャバ嬢にアフター誘いをしてみた

「ミサキちゃん、俺さ、5月5日まで横浜にいるんだけど。よかったらお茶でもしない?」

俺はこの帰省期間中に何としても、ミサキちゃんと仲良くなりたかった。高校の先輩後輩の関係だしさ、他の客とはちょっと違った対応をしてもらえるのかもしれない。そんな期待を込めて。

すると、ミサキちゃんのお返事は……?

お酒

横浜のキャバクラでアフターに誘ったら

横浜のキャバクラで北川景子似の美人をアフターに誘った俺。
彼女の返事は「う~ん……」

少し間が空いた。
辛い、それなら、いっそのこと断ってくれてもいいのに。いや、考えてくれてるってことか。予定どうだったっけ? とか。期待していいの?

「私ね、夜は仕事入れてるでしょ。で、昼の予定はって言うと……明日の3日は写真教室が入ってるし、4日は高校の同級生と会うし、5日は……1時間だけ空いてるかな」

あ、1時間……それは何とも微妙だ。新幹線の時間もあることだし。

「そっか、それならちょっと難しいかもね」
俺は残念だが引き下がった。

そんな俺にミサキちゃんは「高校の先輩後輩だし、これも何かの縁だよね! 普段名古屋にいるって言ってたけど、私覚えてるからさ。また遊びに来てよ。それで、もっとあなたのこと知りたいよ」

完璧の返答。もしかしたらのもしかしたらで、本当は予定がないのに予定があるとか言ってるのかなって思ったけど、もうそれだってチャラにしてやりたいくらい嬉しいよ!

あ~、これがプロのキャバ嬢ってやつか。

俺は、アフターを断れたのに、ウキウキ気分だった。
それから10分、高校の思い出話とかして、時間終了。

横浜、関内のキャバクラのお姉さま、素敵だった~。
また帰省したら、絶対に絶対に行ってやるんだ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です